スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

この機なんの機?、機になる機。

今週、月曜と今日で塗装進めました。
いつものようにシャドウを吹いて、下面、そして上面と作業しました。
01300003.jpg

01300004.jpg

02010001.jpg

塗装するたびに箱絵と違っていくのはなぜなんだ?。
フランス機ってこんな色でしたっけ?。
スポンサーサイト
category
模型
Relation Entry

Comment

おはようございます
仏蘭西機の塗装って難しいですよね。
個人的には、くどめに振ったほうがそれらしく
見えたような気がします。
迷彩の境目はどのように処理されるか興味しんしんです。
  • 2006⁄10⁄28(土)
  • 10:07
  • [edit]

ドカ山さま、こんにちは。
実は完成してしまいました。
工程ごとにやりたいことをやっていたらなにか統一感が無くなってしまった気がしますよ。
やっぱ、フランス機は模型誌でも取り上げられる機会も少なく、イメージがつかみづらかったですね。クレオスからも専門色も発売されてないことですし。
  • 2006⁄10⁄28(土)
  • 13:16

Trackback

http://dragodue.blog11.fc2.com/tb.php/109-d2a5dc4e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。